クンデ村、戻ってみればまだ冬だった!

3月になったんで、そろそろエベレスト街道も春のトレッキングシーズンに入るころ。飛行機が混みだす前に山に入ってしまおうと、カトマンズから拠点となるルクラ空港に飛んだ。昨年9月に行ったときは、カトマンズから飛ぶのは面白くないと思い、パプルというところまで車に行ってヘリで上がろうとしたが、そこが満席が続き4日間も空港で待機させられたという苦い経験から、今回は素直にカトマンズから飛行機にした。

ルクラ空港はまだシーズン前で閑散として静か。そのまま歩きだし、2800㍍のモンジョからナムチェバザールの上がる急坂の途中で唯一姿を現すエベレストも、天気が良く見れた。

昨年12月半ばまで、富士山よりも高い村で暮らしていたので、まだ体が高度順化しているのか、標高3400メートルのナムチェバザールも体調良く、そのままクンデまで上がってしまった。

しかし何と、久しぶりに見るクンデ村はまだ雪景色。ナムチェバザールはほとんど雪が残っていなかったのだが、標高400㍍違ったらこんなに景色が違くなるのかと驚く。しかも部屋の温度がマイナス3度。春だと思ってやって来たクンデはまだまだ冬だった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です