チェンライ散策

ミャンマーツーリングをお休みしてのタイ北部ミニツーリング。せっかく懐かしのチェンライまでやってきたので、一日市内をバイクでぶらぶらする。チェンライには20年前から何回か来ているが、やはり少しずつ変わってはいる。しかしタイ北部の適度な大きさの都市は、静かで居心地がいい。

バイクでメーコック川付近に

昨日は着いたばかりだったので、ナイトバザール周辺しか見なかった。今日はバイクで市内を散策。といってもバイクならすぐに一周できてしまうほどの街だ。市内を流れるメーコック川を見に行ったが、ここに架かる橋が立派になっていた。

もう20年以上前に初めてチェンライに来た時、泊まったデゥシット・アイランド・リゾート。メーコック川沿いの高級ホテルはロケーションもよく、ものすごく快適だったのを覚えている。昔はこのホテルがよく見えたが、現在は周りの木が大きくなったようで見えにくくなっていた。

驚いたことに、市内にはゲートでセキュリティがなされている高級住宅地もできていた。お金持ちが住んでいるのだろうが、これも経済発展のおかげか?市内の昔の庁舎は昔は古びた建物だったが、今では黄色く塗り替えられて、一見するとモダンな建物のように見える。

さらに川沿いに走り郊外に出てみると、ちょっとした公園みたいなところに出た。そこには長い簡素な建物があり、そこに屋台がいろいろ出ている。ここから観光客を乗せたボートが上流の方に向かい走っていくので、メーコック川クルーズの発着地点なのだろう。

ワット・プラケオ

市内で一番有名な寺院ワット・プラケオに久しぶりに行ってみた。境内に入ってみると、昔の印象とだいぶ違う。明らかに整備されており、初めて来たような感じだ。観光客も多いが、地元の子供たちもたくさんいたので、きっと学校で見学にでも来たのだろう。

この寺院が有名な理由は、バンコクにあるワット・プラケオのエメラルド仏がもともとこの寺院にあったからだ。その後、エメラルド仏は転々としながらラマ1世のときにバンコクに移された。今、ここにあるエメラルド仏は1991年に新たに寄贈されたものらしい。新しい仏さまだが、見ていてもほれぼれするほど美しい。.

この境内に新しい建物があったので入ってみると、そこは博物館のようなところだった。中には数多くの仏像が展示されており、なかなかの見ごたえ。確か、昔はなかったと思うのだが…。経済発展とともに観光にも力を入れているタイなので、昨夜のナイトバザールだけでなく、観光地もどんどんよくなっている。

ショッピングセンター

市内中心部の時計塔まで戻ってきた。この周辺にはなぜかバイク屋が多い。ミャンマーではほとんど見ないホンダやヤマハの日本メーカーの販売店もしのぎを削っている。ミャンマーに持って帰りたいバイクが並んでいる。

少し走ると、タイのショッピングセンター「セントラル・プラザ」があった。かなり大きいが、20年前はなかった。中にはスーパーマーケットなども入っているので、食材も豊富だ。買い物客の中には日本人のご老人たちもいる。チェンマイは日本人のリタイアした人たちが移住する街として知られているが、ここチェンライも日本人が多く住んでいるという。

食堂街にも日本食レストランが数店入っていた。焼肉の「大同門」もあったので、久しぶりに日本式焼肉が食べたくなり入店。これだけ日本食に不自由しないのであれば、確かに老後を過ごすにはいいところだろう。私も考えてみようかな?

またまたナイトバザール

チェンマイ市内はだいぶ住環境がよくなってきたみたいで、おしゃれなマンションもいっぱい建っている。住みやすくなってきている反面、どこか日本の地方都市のような感じもしていて、面白みが薄れてきている印象さえある。まあ、市内散策で疲れてきたため、夕方までホテルで昼寝でもしようかな…。

夕食は再びナイトバザール。今晩は鍋にしてみた。土鍋にはハートのマークを付けたりして、どこの店の土鍋かすぐわかるようにしているところがかわいらしい。ステージでは、伝統的なタイ衣装を着た美しい女性たちが踊っていた。久しぶりのチェンライは観光地として着実に大きくなっていた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です