幻想的なミャウー

ミャンマーツーリング。早朝から古都ミャウーを見学する。ミャウーはバガンほどの規模はないため、半日ぐらいでもだいたいの遺跡は見て回れる。しかし早朝、遺跡を見渡せる丘の上に立つと、幻想的な光景が見られた。

早朝のミャウー

早朝6時、まだ真っ暗な中、ホテルを出て遺跡に行ってみる。やがてうっすらと地平線が明るくなってきた。オレンジ色と青い空のグラデーションが美しい。三日月が仏塔の上に輝いている。

早朝の寒さで霧が地表を漂っている。それに加え、煮炊きをする煙が家々から立ち上り、街をみるみる真っ白くしていく。この美しさに感謝を込めて

合掌!

すぐ近くにあった仏塔に入ってみると、大理石の仏像が安置されていた。地元の人に守られているから大丈夫なのだろうが、他の国では盗まれたりしている例もある。

午前8時過ぎ、ホテルに戻り朝食。ホテルは改めてみると、ロビー前はかなり広い広場になっており、バイクもゆったり置ける。朝食はオーソドックスだが、量は多い。

コウタウンパヤー

朝食後、郊外にある遺跡群に行ってみた。はじめはこの大きな寺院。ミャウーの遺跡の中でもかなり大きい部類だ。

遺跡の中には行ってみると、寺院をぐるりと回る回廊があり、そこに数えきれないくらいの仏像が刻まれている。

しかしこの遺跡は屋根が落ちたりして荒廃している。仏像などもおそらく手入れはされていないのだろう。かなり荒れているのが残念だ。

シッタウンパヤー

郊外の遺跡群から中心街の遺跡群に再び戻ってくる。ミャウーを代表する遺跡がこの寺院。外見はそれほどほかの寺院と変わりないように見えるのだが、中に入ってみると見ごたえがあった。

まず本尊が安置されているところに入っていくと、目に入るのは、天井に描かれた曼陀羅のような絵。よく見るとダーツの的のようにも見えるが、仏さまなどが描かれた絵はきわめてミャンマー風。

この本殿を巡るように、半地下で洞窟のような回廊がある。その入り口を守るようにこわもてでもあり、ユニークでもある表情の鬼のような像が飾られている。その入り口を入っていくと、中には仏像がいっぱい並んでいる。

回廊には仏像だけでなく、いろいろな彫刻が施されている。中にはかなりリアルなものもあり、眺めていると面白い。

ダッカンゼインパヤー

シッタウンパヤーの目の前に、まるで要塞のような形をした寺院がある。中に入っていくと、こちらの寺院も仏像が回廊にズラリと安置されているが、真っ暗なのでとても中には入っていけなかった。

アンドーテインパヤー

シッタウンパヤーの隣り合わせに位置するアンドーテインパヤーとヤダナポン寺院は似たような形の寺院。仏塔がいくつも並んでいる。この形はインドネシアのボロブドゥール遺跡に似ている。ミャンマーでの寺院とはだいぶ形式が異なるが、何かゆかりがあるのだろうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です