古都ミャウーへ

ミャンマーツーリング。アンからラカイン州を北上し、ミャウーを目指す。ミャウーはアラカン王国の古都で、バガンとは違う仏教寺院が点在している。交通が不便なので、なかなか行くことは難しいが、いいいところだと聞いていたので楽しみだ。

寒ーいアンの朝

朝6時半、外に出ると一面霧で真っ白。しかもものすごく寒い。熱帯でこんな光景を見るとは…。

アンの街に入る大きな橋の上から見ると、船で激流をさかのぼってくる小舟がいた。かなりきつそうだが、こんな朝早くから何しに行くのだろうか。

午前8時、ゲストハウスに戻り朝食。まだ新築の食堂でおいしいパンが出てきた。ミャンマーでは朝食にパンが出てくることも多いが、正直言っておいしいパンに出会ったことがない。こんな田舎でパン食の朝食は珍しいだろう。

アンからミャウーへ

午前9時15分、ゲストハウスを出発。幹線道路にしては道は悪い。特に橋は昔ながらの板敷きの橋で、敷かれている板がめくれあがっている。その横では新しいコンクリート製の橋が建設されているので、数年後には走りやすくなっているのだろう。

しばらく行くと、高台から大きな川が海に注いでいるのが見える場所に着いた。いよいよミャンマー西岸に出たといった感じだ。

道沿いに、かわいらしいこじんまりした教会を見かけた。ラカイン州というとイスラム教というイメージが強いが、キリスト教信者もいるようだ。

海に近くなったせいか、川幅も広くなってきた。大型バスが橋を通っていくが、こんな重い車両が通れば板がはがれても仕方がない。

この橋を渡ったところに食堂が数軒あって、バスが止まっている。ちょうどお昼なので、ここで昼食をとる。ミャンマー料理だが、カレーを頼むといろいろなおかずが無料でついてくる。外国人は珍しいのか、一品多く付けてくれた。

再び走り始めると、左手に大きな池があり、そこで水牛が水浴びしている。その背中にはシラサギが休んでいる微笑ましい光景が。」

青空に赤い花がきれいに映える。この花はラカイン州以外では見たことがないと思うが…。

川の両側に、砂糖ヤシの木が密生している川があった。橋の上からのぞいていると、大きな魚の群れが泳いでいる。

ミャウーに近づいていくにつれ、さらに川は大きく、橋は立派になっていく。

午後2時50分、ミャウーまであと27キロという標識がある道の分岐点に到着。道は平らになり、格段に良くなった。

古都ミャウー

午後3時45分、ミャウーに到着。アンから163キロだった。ミャウーにはいくつかホテルやゲストハウスがあるようだが、値段とコテージタイプが気に入って、「ミャウーパレス」というところに宿泊。

夕方、まだ時間があるので、近くの遺跡を見に行く。遺跡エリアの中に入っていくと、仏塔が点在している。バガンの形とは違い、釣り鐘型の独特な形をしている。地元の人しか歩いてはいなくて、観光地化されていないところがいい。

素朴な感じの遺跡は、日本でいえば奈良県の飛鳥のような雰囲気を感じる。

やがて日は沈んでいき、幻想的な光景が…。

こんな美しい風景を見られたことに感謝を込めて

合掌!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です