カムティからマンダレーへ

ミャンマーツーリング。飛行機待ちの一日をカムティで過ごし、朝、マンダレーに戻る。8日間も自分のバイクに乗らなかったので、そろそろ自由に走りたいな、という欲求が強まってきた。

午前7時前、ホテルを出発し、カムティ空港に向かう。街にはまだうっすらと霧が残り、とても寒い。空港までは3輪車の荷台に乗っていくが、顔が冷たすぎるほど気温は下がっている。熱帯でもこれほど朝晩は気温がさがるのだ

カムティ空港からマンダレーへの便は午前8時半に離陸予定。しかし1時間前に空港についても、職員は誰もいない。本当に便があるのかどうかも不安になる。

仕方がないので、空港のターミナルの外にある屋台に行く。まだ誰もいないがラーメンを注文をすると、インスタントラーメンが出てきた。寒いので、とてもありがたい。しばらくして白人の観光客やミャンマー人も来た。

離陸予定を過ぎて、やっと航空会社の女性職員がやってきた。飛行機はまだマンダレー空港を離陸していないらしい。結局、マンダレーを飛び立ったことが確認され、やっと午前9時、搭乗受付が始まった。のんびりした空港だ。

そしてマンダレーからやってきた飛行機が到着。すぐに荷物が運び込まれ、搭乗が始まる。結局1時間半遅れでマンダレーに向け無事離陸。

飛行機が離陸してすぐに眼下にチンドウィン川が見えてくる。飛行機では簡単に超えられるのに、太平洋戦争で渡れなかった日本兵の無念さを飛行機の中から思う。

飛行機はマンダレーに向け飛んでいく。下には山々が続いている。その山の中を延びる道が白くくっきりと見てわかる。

午前11時半、飛行時間1時間半でマンダレーに到着。マンダレー空港は国際空港で広大なのだが、飛行機はほとんど駐機していない。将来の増便を見越しての建設なのだろうけれど、これだけの立派な飛行場が必要なのだろうかと思ってしまう。

ターミナルビルのブースでは、中国語表記が目に付く。マンダレーは中国との交易が盛んで、品物は中国からの輸入。ここだけ見ると中国の空港のように見える。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です