ミャンマーツーリング再開

ミャンマービザ取得のためタイに出国していたが、無事終了。再びヤンゴンに戻ってきて、ミャンマーツーリング再開。バゴーの知人宅に預けておいたXTZ125を受け取り、マンダレーを目指して北上。今晩はタウングーか、あるいは時間があったら首都ネーピードーまで行けるかな?

久しぶりのミャンマーの道

久しぶりにミャンマーの道を走る。正直言って、ミニツーリングをしていたタイ北部の道と比べても、明らかにひどい。しかもヤンゴンからマンダレーに続く国道1号線は、ミャンマーで一番の幹線道路なのだが、それがこの道。ただなぜか、すごく懐かしい感じ。

この道は前にヤンゴンまで南下してきたときにすでに走っている。道沿いの寺院では大仏建設がだいぶ進んでいた。。反対側を見ると貨物列車が通り過ぎている。

道沿いの小川では農作業を終えた水牛たちが水浴びをしている。背中に人をのせても暴れずにおとなしくしているところがかわいらしい。

午後2時ごろ、タウングーに着いたが、まだ夕方まで時間があるので首都ネーピードーまで走ることにした。

走っていると、だんだん空模様が怪しくなってきた。今にも雨が降りそうだ。乾季の2月なので、普通は雨は降らない。が、南部を回っていた時にも雨は降った。乾季だからといって、雨が全く降らないということはないようだ。とりあえず今日の宿泊地まで降らないことを祈る。

前にマンダレーからバゴーに南下した時にこの道を走った時には、稲刈りをし終わったところではなかったかと思うが、今は青々とした稲が順調に育っている。農家が緑に囲まれている。

ネーピードーに近づくにつれて道路の舗装状態もよくなってくる。将来の複線化なのか、路肩も整備されている。

ネーピードー到着

午後4時、首都ネーピードーに到着。11月に初めてこの巨大首都に来て以来。この広大な道幅が懐かしい。相変わらず通行する車の数は少ない。

今晩の宿は「Golden Lake Hotel」というところに決める。前に泊まったホテルよりも郊外だが、値段が安かったので泊まってみた。ホテルの敷地に入ると、コテージタイプの部屋が並んでいるが、案内されたところは一番奥にある建物。部屋にはトイレやシャワーはなく共用。道理で安いはずだ。

今晩の夕食はネーピードーにある日本食レストラン「勝」。前に来たときは暗くなってしまって場所が分からなかったのだが、今回は明るいうちに来て無事たどり着いた。「勝」はヤンゴンにもあり、何回か食べに行ったことがある。長崎ちゃんぽんが逸品だが、ヤンゴンではいつも食べていたので、今回は同じ長崎名物の皿うどんを注文。しかしほかにもおいしそうな料理がいっぱいあったので、ついついいろいろ注文してしまった。結果、食べきれず…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です