ヤンゴンの旧正月

ミャンマーツーリング。バゴーの知人宅にバイクを置かせてもらい、久しぶりのヤンゴン。ちょうど中国の旧正月にあたり、街中は「ここは中国か?」と思わせるほど。噂ではミャンマーの中国大使館が全面的に資金を出して演出したとか…。日本もこのくらいやらないと陰にかすんでいってしまうよ。

ミャンマーの地方を回ってからヤンゴンに戻ってきたら、やけに大都会に見える。日本で見ればなんてことない街並みなのだが、人はいっぱいいるし、活気がある。

中華街ではお掃除しており街はきれい。しかしトラックに積み上げられている布団みたいなのは何だろう?

中華街のメインストリートはすでに赤い提灯がずらりと飾られていて、旧正月の雰囲気満点。東南アジアでは、シンガポールはもちろん、タイでも巨大な中華街があるが、どちらかというとヤンゴンはそれほど中華街は大きくなくて、華僑の存在も普段はあまり感じない。しかし中国大使館のイメージ戦略で、このように大々的にミャンマー人に中国の存在を見せるのは効果的だ。

旧正月の赤提灯の下をリキシャーが走る光景はミャンマーらしい。どこの国でもお祭りは楽しい。この下をバイクで走ってみたいものだ。

中華街の小さな食堂で、何か大きなパイのような料理を見かけた。中華でパイか?と思ってみていたら、そのパイを割った後に熱いあんかけをかけて食べるようだ。ジュジュジュという焼き焦げる音が食欲をそそる。旧正月での珍しくおいしい昼食。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です