大英帝国の幻影 カルカッタ

イギリス植民地だったインドで、1911年にデリーに移転するまで英領インド帝国の首都だったカルカッタ(現在のコルカタ)。17世紀からイギリスのアジア植民地経営や貿易を独占した東インド会社が開発した街で、大英帝国のアジア進出の拠点となった大都市だった。1858年に東インド会社が解散し、大英帝国総督が直接統治するようになると、総督の執事役として権勢を握り、貴族のような生活をしていたベンガル人が登場した。現在もその貴族の末裔が暮らすコルカタは、大英帝国が撤退した1世紀半前のまま、街全体が崩壊しているようだった。

インド コルカタ・クイーンズマンション
クイーンズマンション

カルカッタの中心部に、その名もクイーンズマンションという名前の建物がある。大英帝国の名残

クイーンズマンション

このマンションは、現在でも巨大な建物で、当時の大英帝国の偉大さを象徴している。

インド コルカタ・シアルダ駅前・雑踏
人口密集地

通りを埋め尽くす人。インドでもベンガル地方は人口密集度が高い地域だ。

インド コルカタ・エスプラネード・建物
崩壊する街

カルカッタ中心部の大通りに、大英帝国時代には主要な建物だったと思われるビルが残る。現在は整備もされず、そのまま崩壊に向かっている。

インド コルカタ・エスプラネード付近・建物
崩壊する街
インドコルカタ・ジャイナ教寺院
インド コルカタ・ゴーシュ家応接間
Babus

大英帝国時代に植民地経営を助け、貴族のような生活をしたのがBabusと呼ばれるベンガル人。

インド コルカタ・ゴーシュ家応接間
Babus

このBabusの末裔である家の応接間。壁には当時描かれた音楽家の肖像画が壁一面に飾られている。

インド コルカタ・ゴーシュ家応接間
Babus

Babusは総督の執事のような役割で、権力を握っていった。現在もその流れを受け継いで、貿易などを行っている。

Babusの家

応接間があるBabusの家。ヨーロッパ風の柱が施された玄関など、当時の権勢がうかがわれる。

インド コルカタ・クイーンズマンション
室内

大英帝国時代に建てられた家の室内。現在は、中流階級クラスの市民が住んでいる。

インド コルカタ・クイーンズマンション
室内

寝室に使われている部屋はかなり広いが、物が少なく使い余している感があった。

インド コルカタ・インディアンコーヒーハウス
コーヒーハウス

地元で人気のコーヒーハウス。整然と並べられたスマートな店内は全然インドらしくない。

インド コルカタ・サリー
婦人

中心部の大通りを夜、歩く女性たち。伝統を重んじるインドだが、中流階級のファッションはちょっとカジュアルっぽい。

インド コルカタ・クマルトゥリ・人形作り
ヒンズー像

未完成で乾燥中のヒンズー像が並ぶ。

インド コルカタ・ハウラー橋下
ヒンズー教の神

街角にあるヒンズー教の神様。

インド コルカタ・ウィリアム要塞前・鉄道
鉄道

インドの長い鉄道網は大英帝国が残した遺産。

インド コルカタ・チョーロンギー通り・路上生活
ストリートチルドレン

貧富の差が激しいインド。大通りには路上生活者が生活する。

インド コルカタ・昼寝
昼寝

インドの公用車アンバサダーの上で昼寝。しかしこんなところで昼寝しなくても…。

インド コルカタ・シアルダ駅前サリー
無邪気な女性たち

貧しくても明るい地元の女性たち。

インド コルカタ・バス混雑
満員のバス

混雑するバスでは、こんなすごい乗り方も…。

インド コルカタ・裏通り
裏通り

ヒンズー教では神の乗り物とされる牛がゴミをあさる中、リキシャーが行き来する。

インド コルカタ ゴミ
ゴミをあさる

道に捨てられたゴミを狙い、人、牛、カラスがあさる。

インド コルカタ・ヴィクトリア記念堂
ビクトリア記念堂

タージマハルをモデルにして建てられたという記念堂は、大理石をふんだんに使っている。

ビクトリア記念堂

外の喧騒がウソのように静かな記念堂。数少ない、崩壊していない大英帝国の遺産。

インド コルカタ・エスプラネード付近・建物