ミャンマー支援の写真展

ミャンマー支援の写真展


2021年2月1日のミャンマー国軍によるクーデター後、ミャンマー国内外で抗議活動が行われています。日本国内でもZ世代と言われる若者たちがデモやビラ配りを続けています。Z世代は2000年以降に生まれた世代で、1988年の国軍による虐殺やその後の弾圧を知らずに育った世代です。彼らはSNSを駆使して情報を共有しています。ミャンマー国内で国軍による銃撃があれば、瞬時に世界にその事件が伝わります。1988年の時は、死者が数千人と言われていますが、いまだにその正確な人数はわかっておらず、どんな虐殺が行われたのかわからないままです。昔と違いSNSはクーデターに抵抗する有効な武器になっています。

私はアウンサンスーチーが民主的な政権を樹立した2016年3月に、勤めていた全国紙を早期退職し、ミャンマーに1年半滞在しました。長年、軍事政権が続いたミャンマーは当時、アセアンの中でも経済発展に唯一取り残され、「アジア最後のフロンティア」と呼ばれていました。そのミャンマーも民主的な政権が誕生し、外資がどっと流入して、ものすごい勢いで経済発展し始めました。この勢いでは数年後には昔の風景がなくなってしまうと思い、オートバイを購入してミャンマー全土を走り回り、まだ残されているアジア的ノスタルジーを撮影しました。

クーデター後、SNSには毎日、ミャンマー国内で起きている現状がアップされています。ただクーデターから時間が経つにつれて、その内容は過激になってきました。より悲惨な映像、よりむごたらしい遺体の写真など数多く流れ、世界の関心を高めようとしていますが、だんだん私はこの傾向に疑問を持つようになりました。日本の新聞やテレビは遺体や悲惨な映像は出さないという内規があります。見慣れないこのような映像を見た日本人は、きっとミャンマーという国がいかに怖い国、野蛮な国だと誤解してしまうだろう、少なくとも私が見てきたミャンマーは、アジアの中でも穏やかで美しい国だった。もちろんSNSで流されている映像は事実なのですが、このままでは本来のミャンマーのよさが伝わらない、そう思った私は撮影した写真を引っ提げて、各地で「素顔のミャンマー」展をやり始めました。


2021年5月7日~9日 静岡県沼津市・大中寺庭園

私の故郷、沼津にある古刹・大中寺の庭園を借景にした写真展を開催。ミャンマーは敬虔な仏教国なので、日本の寺院から発信することで支援したいという趣旨を大中寺が賛同してくれたことで実現できた。このお寺は南北朝時代の高僧で後醍醐天皇や足利尊氏も帰依した夢窓疎石が創建した臨済宗妙心寺派の寺院。沼津に御用邸があった関係で戦前は皇族も訪問し、特に梅園がすばらしい。日本庭園とミャンマーの写真の融合というアート的にも新しい試みだった。


2021年4月22日~28日 東京カテドラル聖マリア大聖堂

仏教だけでなく、キリスト教の教会もミャンマー支援に賛同していただき実現した。この写真展の主催は「ビルマ応援の会」で、「ミャンマーの平和願う写真展―アウンサンスーチーと家族の写真を中心に」に私が参加させていただいた。この会の代表である宮下夏生さんは、スーチーさんとはロンドンの留学生時代からの友人。まだ軟禁されていた時にスーチーさんの家族から写真を借り受け、写真展を通じて支援した。今回、再び軟禁されてしまったスーチーさんの解放を願い写真展を企画した。大聖堂は著名な建築家、丹下健三氏によって設計され、斬新なデザイン。



2021年5月18日~21日 神奈川県鎌倉市・カトリック雪ノ下教会

同じくカトリックの教会である雪ノ下教会から賛同をいただき、ビルマ応援の会主催の写真展に参加させていただいた。鶴岡八幡宮の参道沿いにあり、ロケーションは最高。


2021年4月25日 静岡市中心部・青葉緑地

この時期、まだ新型コロナがまん延していた時期で、写真展活動の中心は住んでいた静岡県中心となった。静岡県は語学学校があった関係で、県内全体にミャンマー人が約1000人、静岡市だけでも約500人が住んでいたため、静岡市でも毎週日曜日、Z世代を中心に抗議活動が行われていた。上記したように抗議活動だけでは本来のミャンマーの姿が伝わらないため、抗議活動をしていた「ShizuYouth for Myanmar」と協力して、「ミャンマーを知ってもらおうキャンペーン」を企画。これはミャンマー人の若者たちがミャンマーで起きている状況を紹介、私がクーデター前の素顔の写真を「青空ギャラリー」として路上に展示して、総合的にミャンマーという国を知ってもらおうという試み。


2021年5月23日 静岡市中心部・青葉緑地

一か月前に行った「ミャンマーを知ってもらおうキャンペーン」の2回目。今回も「ShizuYouth for Myanmar」とのコラボだったが、今回はちょっと趣向を変えて出身の民族衣装を着て来てもらった。ミャンマーは多民族国家なので、一口にミャンマー人と言っても人種は違っている。さまざまな民族衣装を見て、想像よりも静岡には多くの少数民族がいることがわかったが、中でも驚いたのは首長族の彼女。正式にはカヤン族(パダウン族)というが、まさか静岡でカヤン族と会えるとは思わなかった。


2012年6月~ 沼津駅前

5月に行った沼津市の大中寺庭園での写真展で、実は沼津市内にもミャンマー人が50人以上住んでいることが分かった。いくつかのグループがあるが、それぞれ知り合いではなかったのでつないであげたら、彼らの中で静岡市と同じように沼津市でも抗議活動を行おうということになった。そこで「ShizuYouth for Myanmar 沼津支部」を結成し、6月から活動を開始した。私も静岡市と同じようにコラボして路上写真展を開催。


Scroll Up
Translate »
Scroll Up