管理人 堀 無庵(むあん)

asiansanpo

Asian Travel Photographer

30年以上にわたりアジアを撮影してきた写真家。アジア好き、写真好き、そしてバイク好き。

全国紙の報道カメラマンとして勤めてきたが、写真を通してアジアの良さを発信していこうと早期退職。「アジアン さんぽ」と名付け、アジアと日本を行き来しながら旅を続けている。その中で、単に旅の楽しさだけでなく、これから厳しい時代を迎えていくであろう日本の将来ともからめ、役に立つ情報をアップしていこうと思っている。

とりあえず自己紹介

・静岡県の東部、沼津市生まれ。中学までは駿河湾を眺め、高校時代は富士山のふもとに通学。もしかすると、このころからちょっと旅好きだったかもしれない。

・もう一つの趣味はお墓巡り(笑)。小学生のころから歴史小説ばかり読んでいて、カメラを抱えて郷土の有名人のお墓を回るのが喜びだった。

 その後、大学では日本史を専攻したのは自然の流れだったが、資料のための写真撮影にはまりこみ、歴史の勉強の傍ら写真教室に通う。習っていた先生が朝日新聞の元写真部員だったため、新聞社の就職試験を受けたら受かってしまい、全国紙の報道カメラマンとなる。新聞社では大方の取材を経験。悲惨な現場を取材する一方で、著名人のインタビューや旅の紀行など楽しい取材もあった。

初めての海外旅行

・アジアとの関りは大学生から。初めて行った海外旅行がインドだった。

 人生初の海外の地はカルカッタ(現コルカタ)。ここでいきなりインド人に騙されてしまった。街角でチャイを飲んでいたら、親しげに男が話しかけてきた。「今度、私の妹が日本に留学に行くので友達になってくれないか」。連れていかれたのが絨毯屋。

 ここで一人のネパール人と自称する男が店に入ってきて、「ここの絨毯は安い!仕入れてネパールに持っていく。お前たちも買った方がいい」と大量に買っていった。帰り際、その自称ネパール人はご丁寧にも「ネパールに遊びに来い」とネパールの住所を置いて行った。

 私は喜んで親切なネパール人の教えに従って、初めての海外旅行でドルの価値もまだよくわかっていなかったにもかかわらず、高価な絨毯を買ったのだった。

・その後、彼を訪ねてネパールに行く。もちろん、手渡された住所などなかった。そこで初めて騙されたことに気が付いたのだった。その時、海外旅行というのはこういうものか、という絶望感みたいなものを味わうとともに、今後絶対にインド人には騙されないぞ、と誓ったのだった(笑)。

 しかしこれがきっかけで、私はネパールにぞっこんほれ込み、その後ネパール通いが始まったのだった。首都カトマンズで病気になり、転がり込んだ学校の校長先生のお宅で親切に手当てを受け、ネパール人の親切さに感動。その後今に至るまで交流が続いている。

結局、私のネパール通いは、カトマンズ盆地のヒンズー教に関する写真展開催と写真集の出版に結び付いた。

・そしてネパールの次のテーマはインドシナ半島を流れる東南アジア最長のメコン川。タイ、ラオス、ミャンマー3か国が接するゴールデントライアングルから、海に注ぐベトナムまでメコン川の流域を歩き、写真集を出版した。

 メコン川の撮影旅行と並行し、私の関心はより広いアジアに広がっていった。ちょうど21世紀に入り、アジアの各都市が経済発展し、大きく変貌していく時期だったので、都市をテーマに撮影、これは写真展として発表した。

日本も大好き

・会社勤めをしていると、そうそう海外旅行ばかり行ってはいられない。もともと歴史好きで旅好きなので、日本国内でも十分楽しめる。そこで日本も各地を旅するのだが、国内の旅行はオートバイで走ることにしている。バイクは大学時代から乗っており、旅はバイクで行くものだと疑いもなく思っている。

 気が付くと、北海道を除く日本を全部走っていた。なぜ北海道を走っていないかというと、歴史が浅いからだ。北海道を回り、日本全国一周達成は最後の楽しみとしてとっておこうと思っている。

報道カメラマン

・大学まで歴史を学び、社会人では報道カメラマンとして歴史の目撃者となってきた。カメラマンとは因果な商売で、現場に行かなければ仕事にならない。その現場では当然、いろいろなものをいやでも見てしまう。阪神大震災、中越地震、東日本大震災、御巣鷹山噴火……。私が報道カメラマンとして取材していた、たかだか30年弱の間にも、さまざまな災害に日本は見舞われた。このほかにも飛行機事故その他、悲惨な現場を歩いてきた。そして思ってしまった。「もうこれ以上、悲惨なものは見たくないな」と…。

・もちろん報道カメラマンは楽しいこともある。私の場合、旅の紀行企画など好きだった。悲惨な現場を経験するほどに、旅先で出会う、なにげない風景がいかに大切なものなのかを実感できるようになってきた。平凡がいいのだ。

 戦国時代の武将、織田信長が好んで舞ったといわれる「人間50年」という詞章がある。私も昔からこの節を目標にしてきたが、その50年という区切りも過ぎてしまった。もちろん、現代の平均寿命80歳越という時代に、こんな区切りは意味をなさないという意見もあろう。ただ私の周りでも、天寿を全うできなかった友人が数人いるし、私が今まで見てきた現場で亡くなった方々も、まさか自分がここで亡くなるなどと思っていなかっただろう。そう考えると、人の寿命なんてあてにならないのだろう。そこで、これからの時間は大切に、そして楽しく過ごそうと決め、一足先に退職し、人生の”終活”をやり始めた。

これからの日本

 今までの輝かしい日本はもう幻想でしかなく、これからの日本は大変厳しい時代に入ると思っている。超高齢化社会と少子化で、国を支えていく若者がいなくなる。増大していく社会保障費で国家予算は破綻寸前。世界でも例を見ない借金大国にいまやなっている。そして東日本大地震後、近い将来、確実にやってくると予想される東海・東南海地震。この被害で、日本は復興にものすごい時間と労力を費やすことになるだろう。このような状況の中で、若者たちはどう生きていかなくてはならないのか。 

 一つの選択肢は、海外に移住してしまうことだ。それが可能であり、これほど恵まれた時代はないと私は思っている。特にこれから長い時間を生きていかなければならない若い世代は、まだ体力も時間も十分あり、多少の心配や失敗を克服できる。例えば第2次世界大戦の時を考えてみよう。当時、お国のためと言われて戦地に向かった若者たちは、戦争が嫌だからといって海外に移住できたであろうか。昔はそれができなかった。これから確実にやってくる日本の凋落を前に、何も手を打たないのは怠慢と言われても仕方ない。

 そして日本人が海外移住するとしたら住みやすいのがアジアだ。アジアは食事もおいしいし、日本と同じ米文化だ。さらに今ではアジアの各地に日本食レストランが作られている。まずはアジアを旅して慣れていくことが、将来役に立ってくるに違いない。

・アジアンさんぽは、私のこのような思いから始めたサイトです。ちなみに名前の「無庵」は庵(いおり)がない、という意味で、ホームレスとひっかけている。ミャンマーを旅していた時、知りあったオランダ人のカップルが「私たちはホームレスです」と楽しそうに自己紹介したのだが、その時、ホームレスって最高の贅沢ではないかと思ったのだった。私も彼らのようにホームレスを目指したいと思っている。

 このサイトのアイコンは、カンボジアで見かけた物売りの少女のシルエット姿だ。アジアはまだまだ貧しくて、行く先々でこのような子たちを目にする。できればアジアのどこかに根付いて、この子たちが少しでも幸せになれるよう、何か役に立てないかなと考えている。ただ困ったことに、いまだ移住先が見つからない。なぜなら、アジアはいいところがいっぱいありすぎるから。