月: 2018年4月

ミャンマーゆかりの妙蔵寺

写真展の会場となっている妙蔵寺は、静岡県伊豆市八木沢というところにあります。国道136号線で土肥の温泉街から南に車で10分ほど走ると、ホームセンター「コメリ」があり、この前に「妙蔵寺パゴダ」という標識があります。ここから車一台がやっと走れるほどの狭い道を山側に入っていくと、山の懐にお寺があります。実際に来てみるとかなり田舎で驚くと思います。 ところで妙蔵寺がなぜ、ミャンマーゆかりの寺かというと、境

写真展始まる

今日から無事、写真展を開始しています。 新聞記事を見たといって、遠くから訪れてくれた方もいました。ありがたいことです。会場を熱心にビデオで撮影していただきました。

写真展会場設置終了

ミャンマーゆかりのお寺で明日から開催する写真展ですが、今日会場となる妙蔵寺本堂で展示の設置をしました。 ところで妙蔵寺ですが、静岡県伊豆市八木沢というところにあります。日蓮宗ですが、伊豆は日蓮宗のお寺が多いような気がします。日蓮上人は伊豆の伊東に流されたので、伊豆には日蓮宗が広まっているようです。八木沢はまあかなり田舎ですが、富士山を眺められるいいところです。その山懐に本堂はあります。 写真展はこ

伊豆のミャンマーゆかりの寺院で写真展開催

静岡県伊豆市八木沢というところに妙蔵寺というミャンマーゆかりの寺院があり、そのご縁で本堂を使い「ミャンマー巡礼」という写真展を行うことになりました。太平洋戦争でビルマ戦線のインパール作戦から生還した住職が、その後の人生を戦友の遺骨収集に捧げ、また境内にはミャンマー式パゴダ(仏塔)を建立し平和を願ったというミャンマーゆかりの寺院です。かなり田舎なのですが、ご興味のある方、ぜひ見に来てください。

オッパイ寺院

ミャンマーツーリング。モンユワからツーリングの拠点となっているマンダレーに戻る。今回はカチン州、チン州とミャンマー北部を周ってきた。すでに気温は40度を超えて、一年で一番暑い時期を迎えている。 モンユワの日本人墓地 モンユワの宿は「ホテル チンドゥイン」。上からはアウンサン将軍像があるロータリーの交差点を見下ろせる、市の中心部にあるホテルだった。 最上階にある食堂で朝食。ハトが街を見下ろしているの

壁画が美しい洞窟寺院

ミャンマーツーリング。モンユワはミャンマー国内ではそれほど観光地としては知られていない。が、実際に訪れるとなかなか見どころがいっぱいある。特に洞窟寺院の壁画は見ていても全然飽きない。 大仏レーチョン・サチャー・ムニ モンユワから15分ほど走ると巨大立像と寝釈迦像がある村に着く。南部のモーラミャインにもあったが、ミャンマー人は大きい仏さまが大好き。 しかも境内ではまだ新しい大仏が作られている。大仏は

チン州からモンユワへ

ミャンマーツーリング。ミンダで入れ墨の女性を見た翌日、山の中のチン州から平地に降りてきて、モンユワを目指す。標高の高く涼しいところから砂漠のような暑さの中をひたすら走る。 チン州から下界へ ミンダの早朝、ミャンマーで第2の高峰ビクトリア山を見に出かけるが、ミンダからは見れないとわかった。仕方なく市場周辺で揚げパンとサムサの朝食をとる。市場前ではこんな山奥でも托鉢は行われていた。 午前8時50分、ミ

Scroll Up
Translate »
Scroll Up