メルギー諸島1泊2日ツアー2日目

ミャンマーツーリング。メルギー諸島へのツアー2日目。昨夜はHorseShoe島に泊まった。波の音を聞きながら眠りについたが、未明に目が覚めてしまい、すぐ目の前の浜辺に出て夜明けを待つ。まあなんて贅沢な夜明けなんでしょう。

午前6時前、徐々に回りが明るくなっていく。昨夜は夜空に星が見えていたが、今朝は雲が多いみたいだ。ミャンマー内陸は乾季のこの時期は雲がない青空が広がるが、海では雲が出るようだ。

一夜明けると、白砂のきれいな浜辺は足跡一つない、まっさらな浜となっている。浜辺を歩いて足跡をつけてしまうのが、なんだか申し訳なく思えてしまう。海も奥まった入江の中までは波がほとんど入ってこないため、湖のようだ。

昨夜、夜遅く湾内に漁船のエンジン音が入ってきて、しばらく人の声が聞こえていた。明るくなってきてわかったが、3艘の漁船が停泊していた。夜間の漁を終え、夜を明かしていたのだろう。やがて船から煙が立ち、朝食の準備をしだした。出来上がると、輪になって食べているのが浜からでも見える。やがてまた湾内から外海に出て行った。

午前7時半、こちらも朝食の用意ができたと呼びに来て、島の食堂に向かう。朝食はシンプルにショウガが入ったタイ風おかゆが出てきた。これだけでは量が少ないようだが、12時前にまた昼食が出るのだから、このくらいの量で十分だ。

午前10時前、少し大きな船が湾内に入ってきた。中には白人の外国人のグループが乗っている。しばらくすると、空気ボンベを背負って次々と海に飛び込んでいく。ミャンマーではまだダイビングをやっているとは聞いたことがないので、これはタイからやってきたダイビングツアー船なのだろう。

しばらくすると、私たちも昨日乗ってきたスピードボートでタイ人観光客が到着。今まで静かだった島が急ににぎやかになる。

今日は2日目のツアーなのだが、実はコースは昨日と同じ。ミャンマー側でタイのツアーに認められているのが4島だけなのだという。だからスケジュールは昨日と同じ。今朝やってきた観光客もこの島で昼過ぎまで昼食をはさんで海で遊ぶ。

午前11時、なぜか昨日のツアーよりも早い時間で昼食が出てきた。昨日はランチボックスでの昼食だったが、宿泊客は島でちゃんと料理されて出てきた。今日もまた、昨晩の夕食と同じくタイ人OL3人組とご一緒させてもらう。この後のスケジュールは、昨日と同じ残りの3島を回るのだが、彼女らは同じルートなので、このままこの島に残り、夕方ピックアップしてもらいタイに帰るという。私は夕方までここにいるのも飽きそうなので、昨日と同じ島でも行ってみることにした。

正午過ぎ、今朝来た新しいタイ人観光客とともにHorseShoe島を出発。2島目のハート島に向かう。しかし時間がずれたのか、ハート島の中海に入る入口が満潮のためふさがりかかっており、中に入れそうもないので、この島を飛ばしてTaFook島に向かった。

TaFook島では1時間ほどしかないので、のんびりきれいな白砂の上で日光浴。目の前を小さなヤドカリが歩いていく。

午後1時半、4島目は上陸できない島。ここも昨日と同じなのでもう海には入らずに、シュノーケリングをするタイ人観光客を船の上から見学。ミャンマー人はほとんど海で泳ぐという習慣がないようだが、タイ人も見ていると泳ぎが下手で、浮き輪にすがっている人が多い。

午後3時、宿泊した島に残っていたタイ人OL3人組をピックアップした後、コータウンに戻り始める。やがて右側に建設中のホテルのような建物と修理中の大きな船が見えてきた。ミャンマーにしては立派だなと思ってみていたら、そこはタイ側だった。近くを駆逐艦が通るが、これもタイ海軍のものだとか。さすがにミャンマーは持ってないか。

午後4時、船は直接コータウンの街に戻るのでなく、すぐ近くの島の埠頭に寄る。ここは「グランド アンダマン リゾート」で、ここで着替えがてら、プールやブッフェの夕食がとれるようになっている。

ブッフェはすべてタイ料理。タイ人観光客がほとんどなのだから仕方がないが、このホテルもミャンマー領にありながら言葉も料理もタイだった。聞くところによると、ホテルのマネージメントもタイ人がやっているのだとか。

午後6時、2日間の離島ツアーを楽しんで、コータウンに戻ってきた。タイ側からやってきた観光客は、ホテルからタイに直接戻る船が用意されていたが、ミャンマー側から参加した唯一の観光客である私は船がなく、地元の連絡船でコータウンまで戻ってきた。すべてがタイ人のためのツアーだった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です